FC2ブログ

田中秀治研究室 ~Student Page~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

PowerMEMS 2013 in London, U.K.

みなさん

こんにちは
こんばんは
おはようございます

田中秀治研究室 修士2年 平柳です

つい先日、12月3日~7日まで
イギリス、ロンドンで国際学会があり
参加することができたので行ってきました~

自分にとって
初めての海外
初めての学会が
この国際学会になり
緊張と不安しかありませんでしたが
なんやらかんやら無事に戻って来られました

12月3日の早朝、
羽田空港からロンドンのヒースロー空港に向けて出発。
12時間を超える長時間のフライトで、
体中バッキバキになりました(´∀`;)

空港についてまずやることが入国カード?の記入
海外に行くのが初めてだったので
まずこの作業がなんのこっちゃ状態。。。
まあそれでも、一緒に行った塚本先生にいろいろ聞きながら記入。

その後、これまた人生初の入国審査。
事前に聞いていた情報では、
ビザがあるか、目的は何か、
この2つくらいしか聞かれないと聞いていたので、
その準備だけ審査へ。。。

順当にビザ、入国目的について聞かれる。
よし終わりと思う。が、しかし
「何の国際学会なのか」
「立場はなんですか」
「自分のペーパーを見せてください」
等々予想外の質問が(°д°; ≡ ; ゜д゜)

これ普通に書いてるけど、最初何言われてるかまったくわからんくて。。。
英語できないのはホントにしんどいもんでした。。。
まあなんだりかんだりで審査終えて、やっと空港内に入れて、
荷物受け取れましたよっと

Heathrow Airport

ロンドンに到着したのが
現地時間でだいたい10時くらい(日本時間の19時)
この段階での時差ぼけはまったくなくて、
学会の受付が18時~だったから、
それまで観光。
塚本先生とは離れ、一人でブラブラ回りました。

ただ、ロンドンを舐めてまして、
街中でフリーWiFi拾えるだろうと思ってたら、
だいたいが有料。。。
はい、モバイル使えません(笑)

たかだか数ポンド払えば使えたけど、
エリア変わるたびに金払うのもアホらしかったので、
モバイルで調べずに、
日本で調べた会場周辺の位置関係(バッキンガム宮殿とビックベンとか)と、
地下鉄の路線図を頼りに、
いろいろまわってきました!

まず行ったのが、キングスクロス駅。
何で行ったか?
シャーロックホームズに出てくるからです(笑)
あと、実は、ハリー・ポッターの9と3/4番線も実はこの駅。(そこの写真撮るの忘れた←)
駅の外見が城見たいですごかったです

キングスクロス駅

次に向かったのは
有名なタワーブリッジ!
テムズ川に架かる有名な橋です。
ただ、どうやって行ったらいいかわからなくて、
とりあえずロンドンブリッジ見てきました。

ロンドンブリッジ

この橋がロンドンブリッジになります。
したっけ、そっからタワーブリッジ見えたんですよね(笑)
ついでに軍艦も。
タワーブリッジ fromロンドンブリッジ

ただ、このQUEEN'S WALK って道を歩いていけば
タワーブリッジに辿り着けるのかわからず、
仕方がないので「Excuse me」と道行くジェントルマンに質問。
この道でOKという答えが返ってきたので、
タワーブリッジを見に行きました。

タワーブリッジ

はい!タワーブリッジ(゜∀゜*)
圧巻!見られて良かったです!

そしてその後は、ベイカー・ストリートへ行ってきました。
理由はシャーロックホームズミュージアムを見るためです。
見つけることができたので、
写真をパシャリ。
シャーロックホームズ ミュージアム

そこから学会会場の近くの駅、
チャリングクロス駅に行って、
またもブラブラ。

この駅もまた、
ホームズの物語に登場する駅として有名。
それ以前に、ロンドンの中心地にあるから有名ですけどね(笑)
駅近くの広場に噴水やら像やらあり、
観光名所みたいでした。

写真は駅から西側にあるバッキンガム宮殿と、
南側にあるビックベンです

バッキンガム宮殿

ビックベン

この日ではないですが、
ビックベンの18時の鐘の音を聴くことができました。
別に狙って聴きに行ったわけではないのですが、
運が良かったです(^▽^)


Royal Society

学会会場

学会は、Royal Societyで行われました。
今回は運良くオーラル発表をさせていただくことになりました。
発表は12月4日。
発表日程の中では初日。

初の国際学会で、
不慣れな、というか病的に苦手な英語。
発表は練習すればまあなんとかなるとは思いましたけど、
質疑応答はどうしようもなく。。。
案の定、正確には聞き取れず、解釈も間違えるという。。。
もっと頑張らないとダメですね、精進しまーす!

ポスターセッションでは、
自分の興味のある発表を見に行って、
聞きたいこと質問して、その返答にまた返して、
という感じのことをやってきました。

自分が知ってる分野に対しての質問は、
自分が知ってる単語だけでなんとかなりました。
向こうの返答も自分の質問に対するものなので、
まあだいたいは理解できたし。

ただ、セッション間の休憩中の何気ない会話だけはどうしようもないです(>_<)
英語できないのは致命的。
見てるだけっていうのはすごくストレス溜まります。
会話に混ざれたらどれだけ楽しい事やら。
こういうところでも、英語頑張らなきゃって実感します。。。


学会の最終日は
昼ですべての日程が終わったので、
午後からは買い物に行きました。

ただ、
最終日から次の日にかけては
別のホテルに泊まったので、
先にそっちにチェックインしに行きました。

しかしそのホテルで一悶着ありまして、
受け取ったカードキーで部屋開かないんですよね;
仕方なく、ホテルのスタッフにコンタクトをとる
→開け方が間違ってるだけかもしれないから、開け方を教えてもらう
→ホテルの人がやっても開かないから技術担当の人呼びに行く
→マスターキーで開けて、鍵の動作確認。やっぱダメだから新しいかぎ持ってきてもらう
→新しいのくるまで部屋で待ちぼうけ
→新しい鍵受け取ってやっと買い物へ

このやり取りをすべて英語でやらなきゃないって
そうとうしんどかったです。
一人で行動してると頼るものなくて大変でした。
翻訳アプリもなければ
ネットにもつながらないので翻訳サイトにもとべず。

なんとか乗り切れてよかったけど、
そうとうテンパってました(^ω^;)

やっとこさ買い物へ。
買い物先は、
ロンドンでも有名な超大型デパート「Harrods」
ホントにでかかったです。
そして、クリスマスが近いからなのか
イルミネーションも綺麗でした

ハロッズ

各地でこのようなイルミネーションがあって、
この時期にロンドンを歩くなら夜の方がいいのかもしれません。

イルミネーション

そしてちゃっかりロンドンの街中に博多ラーメンの店が(笑)
なんであるの(笑)
まあ食べましたけどね←
味は、まあ、博多で食べたほうが美味しかったです、当たり前ですけど

博多ラーメン


今回の国際学会は、
4泊5日の旅でした。
不慣れな外国、
苦手な英語、
9時間の時差、
大変なものはいろいろあったけど、
なんとか乗り切ることができました。

本来ならばこの時期は修士論文の中間審査があるので
そちらに出なければいけないのですが
田中先生のご尽力により、
このような素晴らしい経験をさせていただくことができました。

語学力の向上への意欲を駆り立てられつつ
ロンドン観光を行うことができ
大変満足な学会となりました。

平柳


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。