田中秀治研究室 ~Student Page~

Goodbye S. Tanaka Lab!

田中(秀)研究室「学生ブログ」をご覧の皆様、卒業生ID: 00012の早坂と申します。
Hello everyone, I’m Hayasaka (Alumni ID: 00012).


私は田中(秀)研究室でM1~D2の約3年間お世話になり、2015年秋よりカリフォルニア大学バークレー校のPhD課程に進学するため、2015年6月をもって東北大学を退学しました。
I spent around three years (M1~D2) at S. Tanaka Laboratory, and I quit Tohoku University at the end of June 2015 to go on to a PhD program (Fall 2015) at University of California, Berkeley.


先日研究室の皆様に壮行会を開いて頂き、現在は渡米のための最終手続きを進めているところです。
The lab members kindly held my farewell party the other day. I’m going ahead with my final procedures to leave for the US at this moment.


150704_1

プレゼントがたくさん!みなさん忙しいところありがとうございました。



150704_3

田中(秀)研卒業生それぞれに与えられるMemorial Plateです。このプレートには当研究室卒業生にしかわからないマニアックな情報と、一人一人個別のIDが記載されています。今回はクオリティが高い...



150704_2

田中康基君からオリジナルハンマーを授かりました。すごいんですけど...
Ti製だそうです。名前と学生IDが刻印されています。家宝にしたいと思います。



東北大学には先人の方々が築き上げてきた半導体微細加工のための充実した共用施設があり、この環境の中で私はMicro Electro Mechanical Systems (MEMS) 技術を中心としたものづくりを実際に経験する機会に恵まれました。得られた研究成果については学会発表・論文出版も経験させて頂き、充実した学生生活を送ることが出来ました。
Tohoku University has extensive common facilities for semiconductor micro fabrication technology. I had great opportunities to experience real manufacturing focusing on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS). I also had some opportunities presenting the research results in the conferences and publishing a paper, and it was a fulfilling student life.


また、当研究室では国際学会を想定した研究発表会を定期的に行っており、そこでの発表練習や議論が大きな自信につながりました。
Our lab holds international conference style workshop periodically. The practices for presentation and discussions in the workships increased my self-confidence.


大学院留学の出願に際しては先生方が推薦状を快く引き受けてくださり、お陰様で奨学金*を得て海外の大学院に留学するチャンスを得ることが出来ました。
My advisors willingly accepted to write the recommendation letters for my applications for graduate studies at overseas universities, and I fortunately got a scholarship for graduate study abroad and I was admitted to several PhD programs.


2015年度 Funai Overseas Scholarship


3年間の充実した学生生活と、最高の研究環境を与えてくれた田中(秀)研究室(旧:江刺・田中(秀)研)と東北大学に感謝あるのみです。
I really appreciate that S. Tanaka Laboratory (former: Esashi-Tanaka Lab) and Tohoku University gave me fulfilling three years student life and perfect environment for MEMS research.


See you again someday!




PageTop